聖火リレー1カ月 つなぐ思い、揺れる意義

 東京五輪の聖火リレーが始まって25日で開始から1カ月。大阪府で公道でのリレーが中止されるなど新型コロナウイルスに翻弄されながら聖火はつながれている。参加したランナーからは五輪への期待の声が聞かれる一方、感染の収束は見えず、否定的な見方も根強い。25日からは3度目の緊急事態宣言が始まり、聖火をつなぐ意義が改めて問われている。(石原颯)

 聖火リレーは先月25日、福島県のJヴィレッジ(楢葉町、広野町)をスタート。東日本大震災が起きた2011年にサッカー女子ワールドカップで優勝した日本代表「なでしこジャパン」のメンバーがスターターを務め、これまでに15府県を聖火がめぐった。

 走ったランナーからは復興への思い、コロナ収束への願いなど前向きな言葉が並ぶ。1964年大会の男子マラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉さんとともに戦った君原健二さん(80)は、胸に円谷さんの写真を忍ばせて盟友の故郷、福島県須賀川市を走り、「オリンピックに出たときのように感動した」と思いを語った。

 大阪市の聖火ランナーとして、万博記念公園(吹田市)内の代替コースを走った山本潤二さん(62)は、脳梗塞で左半身にまひが残るが、200メートルを走り切り、病気も吹き飛ばすような前向きな気持ちになった。「聖火リレーのおかげで『やればできる』と自信がついた」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ