山口以降8府県は公道で実施へ 五輪聖火リレー

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、五輪の聖火リレーの実施形態について、5月13日から28日にかけてリレーする山口、島根、広島、岡山、鳥取、兵庫、京都、滋賀の8府県は公道で行うと発表した。滋賀に続く福井県以降も公道で実施するとしているが、後日改めて判断を示す。

 兵庫県と京都府は今月25日から5月11日まで新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されるが、聖火リレーの実施日とは重ならない。鳥取と島根では規模縮小が検討されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ