ATP「ナダルの錦織へのプレッシャーは容赦なかった」/テニス

 男子テニスのバルセロナ・オープンは22日、スペインのバルセロナで行われ、シングルス3回戦で世界ランキング39位の錦織圭(31)=日清食品=は、同3位で第1シードのラファエル・ナダル(34)=スペイン=に0-6、6-2、2-6で敗れ、8強入りはならなかった。通算成績は錦織の2勝12敗となった。

 ATPツアーの公式サイトは「ナダルが錦織の挑戦を退けた。世界ランク3位は最初のゲームで錦織からブレークを奪って流れを作ると、わずか30分で第1セットを制した。ナダルの錦織へのプレッシャーは容赦のないものだった」と報じた。ナダルは試合後、「昨日よりもはるかにいいプレーができた。それは僕にとってとても重要なことだった。より前向きなエネルギーとともに戦えたし、とても満足している」と振り返った。

 ナダルは前日の2回戦で同111位のベラルーシ出身のイワシカと対戦し、3-6、6-2、6-4で下し錦織との試合に臨んだ。準決勝では同58位のノーリー(イギリス)と対戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ