聖火リレー、大分でスーパーボランティア尾畠春夫さんが登場

 九州・沖縄で初日となる東京五輪の聖火リレーが23日、大分県で始まった。リレーは15府県目。大分を皮切りに、5月12日まで九州・沖縄8県を回る。

 別府市からスタート。第1走者は新体操の元五輪日本代表、田中琴乃さん(29)が務めた。別府市の海沿いの道を笑顔で走り「トーチの火を見て、五輪を思い出しました」と振り返った。

 第2区間の日出町では、被災地に駆け付けて支援を続けている「スーパーボランティア」、尾畠春夫さん(81)が登場。沿道へ大きく手を振りながら、トーチを手に駆け抜けた。

 手にしたトーチは、東日本大震災の被災地に建てられた仮設住宅で使われたアルミの廃材を再利用したもの。その被災地でボランティアを経験した尾畠さんは「東北の人が、昔のように笑って過ごしてほしいなと思って走りました」と思いを語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ