瀬戸内の離島巡り聖火は松山へ 市内走らず点火式典

 東京五輪の聖火リレーは21日、全国で14府県目、四国で4県目となる愛媛県で始まった。紙産業が盛んな四国中央市を出発し、風光明媚な離島などを巡って松山市を目指す。松山市では新型コロナウイルス禍の影響で公道でのリレーが中止となったが、走る機会がなくなったランナーたちがトーチにともした聖火をつなぐ式典を開催する。

 松山市以外の地域では予定通りにリレーを実施。離島の生名島では、1998年長野五輪が開幕した年の2月7日に生まれた、ダウン症のある中川智仁さん(23)が走った。

 1984年ロサンゼルス五輪で重量挙げ男子52キロ級の銅メダリストの真鍋和人さん(62)は、地元の新居浜市に登場。

 松山市では2004年アテネ五輪と08年北京五輪の女子マラソンに出場した土佐礼子さん(44)らが走ることになっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ