レスリング新たに2人陽性 アジア選手権出場

 日本レスリング協会は20日、カザフスタンのアルマトイで開催されたアジア選手権に出場した男子グレコローマンスタイルの選手2人が新たに新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。16日夜に羽田空港に帰国した際の検査では陰性だったが、19日に改めてPCR検査を受け陽性となった。

 レスリングでは、アルマトイで実施された東京五輪アジア予選やアジア選手権に出場した選手やスタッフが、帰国時の検査で既に5人が陽性となっており、日本勢の感染者は計7人。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ