【指揮官一問一答】阪神はMOS砲の5発で巨人に快勝! 矢野監督は「(空中戦を)やりたいわけじゃないけどな(笑)」

 (セ・リーグ、巨人5ー10阪神、4回戦、巨人1勝3敗、20日、東京ドーム)阪神はマルテ、大山、サンズが計5本塁打7打点。クリーンアップの揃い踏みで巨人に先勝した矢野耀大監督(52)の一問一答は以下の通り。

 ■全員野球の勝利

 ーー敵地でチーム一丸

 「打線がリズムを作ってくれた。東京ドームの最初の試合で、どうしても取りたかったんで。この球場は何があるか分らんから。最後までね、点差あっても嫌なもんやけど。全員で取れた。うちの野球っていうのができたかなと思います」

 ーー一回に点を取れたのが大きかった

 「あれも2アウトからのね、マルちゃんが打ってくれて(4号ソロ)。マルちゃんが打てばムードも上がるし3、4、5(番)に、これだけホームラン出るのも、そんなにあることじゃないと思うけど。(大山)悠輔に2本(三回と九回)出たのも大きいし。チカ(近本)も1本やったけど、ケント(糸原)も状態がいいんでね。こういう展開に持っていけるというところを見せてくれた」

 ■東京ドームは怖い

 ーー空中戦は今年の強み 

 「やりたいわけじゃないけどな(笑)。こっちだけの空中戦やったらええけどさ。本当に…。松原のでも入る(三回の3号2ラン)というのはこの球場は怖いよな。甲子園ならただのライトフライ。うちの何本かも入ってないというね。同じ条件でやっているからね。受け入れてやるしかない」

 ■4番の打球に角度が出てきた

 ーー大山の状態は? 

 「打てるボールはしっかり打つのは基本。難しいボールはなかなか打てない。打球の角度がつきだしているのが甲子園からあったんでね。本人も単に一本出たっていうことじゃなくて、手応えのあるヒット、手応えのあるホームランっていう感じになったと思うんで」

 ■ブルペン陣に感謝

 ーー中継ぎが流れ止めた

 「サダ(岩貞)が流れを止めたのが、めちゃくちゃデカかったし。あのあと(七回に)2点かな入ったと思うしね」

 (さらに続けて)

 「ユウキ(西勇)を代えるところで全員で行くぞって感じでね。中継ぎ陣を信頼して、任せて。腕振って投げてくれているんで、頼もしく思っています」

 ーー西勇も5回までリードされなかった

 「中5日しんどいかなと俺も思ったけど、でも仕事はしっかりしてくれたと思います」

 ■佐藤輝に必要なのは辛抱

 ーー佐藤輝もいい経験になった

 「その経験をね、すぐ結果に出るとは思っていないし、でもストライクを打たないと打てないよね。テル自身は打ちたい、相手は打ち気を外して高めに投げたり、ボールに投げたりすることに対して我慢する怖さも作っていかないと。何でもかんでもね。もちろん今のテルは振っていくというところでいいんだけど、打っていくことで成長につながる段階ではあるんだけど、それをだんだん、頭で体で整理してやっていくっていう(ことも大事)。そう簡単には打たせてくれない。これをどうするかをまた楽しみにしていきたいと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ