五十嵐は5位、メジナV サーフィンCT第3戦

 サーフィンのプロ最高峰、チャンピオンシップツアー(CT)第3戦のナラビーン・クラシックは20日、オーストラリアのナラビーンで最終日が行われ、男子の五十嵐カノア(木下グループ)は準々決勝でコナー・コフィン(米国)に敗れ、5位だった。五十嵐は波に1本しか乗れず、0・80点と精彩を欠いた。

 年間優勝2度の実績を持つガブリエウ・メジナ(ブラジル)が決勝でコフィンを4・67点差の18・77点で下し、今季初優勝で年間首位に浮上。五十嵐は一つ上げて年間4位につけた。

 女子は2019年シーズン年間2位のキャロライン・マークス(米国)が今季初優勝。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ