神戸に新加入のリンコンが会見「チームの勝利に貢献したい」

 サッカーJ1の神戸に加入したブラジル人FW、リンコン(20)が20日、チームに合流してオンライン取材に応じ「やっとここまできた。試合に早く出て、全力でチームの勝利に貢献したい」と抱負を語った。

 リンコンは年代別のブラジル代表で活躍し、2017年にU-17(17歳以下)のワールドカップ(W杯)に出場。所属していたフラメンゴ(ブラジル)では19年にクラブW杯を経験している。身長180センチ、体重79キロと大柄ではないが、スピードと決定力の高さが魅力で、「止まってボールを待つタイプではない。前線ならどこでもできると思っている」と日本での活躍に自信をのぞかせた。

 神戸にはケニア代表FWのアユブ・マシカ(28)も加入。新型コロナ感染拡大に伴う隔離期間が一足早く明けてチームに合流し、17日の湘南戦でJリーグデビューを果たした。三浦監督は「リンコンは体の強さを感じた。マシカもそうだが、一歩が出る。決めきるところで独特のものを持っている」と評した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ