UEFAが新リーグ構想批判 

 欧州サッカー連盟(UEFA)のチェフェリン会長は19日、一部の強豪クラブが創設に合意したスーパーリーグ構想を改めて批判し、参加クラブの選手は代表チームでプレーできなくなり、今夏の欧州選手権や来年のワールドカップ(W杯)カタール大会への出場を禁じられる可能性を示した。AP通信などが伝えた。

 レアル・マドリード(スペイン)など12クラブがメンバーに名を連ねるスーパーリーグは、UEFA主催の欧州チャンピオンズリーグ(CL)に代わる新大会として発足を目指している。同会長は「個人的にはできるだけ早くUEFA大会への参加を禁じるべきだと思う」と語った。

 UEFAは同日の理事会で2024年以降の欧州CLの大会方式を改編し、出場数を現行の32から36チームに増やすことを承認した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ