聖火、香川・丸亀城周辺巡る

 東京五輪の聖火リレーは17日、全国12府県目の香川県で始まった。瀬戸大橋のたもとにある宇多津町を出発し丸亀市へ。雨が降る中、ランナーたちは沿道からの声援に手を振り、笑顔で応じながら聖火を運んだ。

 丸亀市で生まれ育ち、「創業104年」を誇る和菓子屋「宝月堂」の4代目社長高畑響子さん(62)は、市中心部から市のシンボル・丸亀城の敷地内まで走った。「天国の両親に走る姿を見せたい」と臨み、トーチを次の走者に託した後は「一生の思い出になった」と晴れやかな表情を見せた。

 離島の直島町では、世界的な芸術家草間弥生さんの代表的な作品「赤かぼちゃ」がある港近くの広場まで聖火をつないだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ