「元気になった姿みせたい」 難病乗り越えた女性、聖火リレーへ

 東京五輪の聖火リレーは13、14日、大阪府で行われる。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公道でのリレーは中止となり、代替措置として両日ともに万博記念公園(同府吹田市)で聖火がつながれる。難病を乗り越えて走者を務める女性は、闘病を支えてくれた周囲への感謝を込めて大役を担う。(鈴木俊輔)

 「一生に一度の機会。楽しんで走りたい」

 13日に聖火ランナーを務める辻彩香さん(28)は笑顔を見せた。晴れの舞台は地元の同府枚方市から吹田市に変わったが、特別な思いを胸に秘め、そのときを待っている。

 生まれつき胆管が詰まった「先天性胆道閉鎖症」を患い、生後間もなく手術を受けた。かつては1万人に1人程度とされてきた難病で、症状が進行すると肝移植が必要となる。

 中学校では陸上部に所属し、生徒会活動にも参加するなど活発に育ったが、少しずつ症状が進行。発熱や嘔吐(おうと)の症状にたびたび襲われ、入退院を繰り返すようになった。

 治療を重ねることで抗生物質が効かなくなり、生体肝移植に望みを託した。高校3年の夏、母をドナーに移植を受け、長期の入院生活を送った。

 術後、移植した臓器を定着させるために使用する免疫抑制剤の影響で感染症に罹患(りかん)。腹水がたまり、呼吸や身動きが思うようにできなくなった。全身に管がつながれ、視界がはっきりとしない日もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ