水泳2大会は日本開催へ 五輪予選、中止意向一転

 国際水泳連盟が中止の意向を示した日本開催の東京五輪最終予選3大会のうち、18日開幕予定だった飛び込みのワールドカップ(W杯)と、5月1~4日のアーティスティックスイミング(AS)は国内で開催する見通しとなったことが8日、分かった。複数の関係者が明らかにした。

 5月29、30日に福岡市で予定していたオープンウオーター(OWS)は、五輪予選の開催実績があるセトゥバル(ポルトガル)で行う案が浮上。飛び込みは5月開催で調整している。

 関係者によると8日、政府や五輪の大会組織委員会、国際水連などが協議し、3大会は中止せずに実施する方針で一致。飛び込み、ASの日本開催に向けては、国際水連が中止理由とした大会の新型コロナウイルス対策経費や、大会関係者が入国した際の3日間の隔離措置について、日本側が可能な範囲で譲歩するとみられる。中止すれば大会準備や各国・地域への出場枠配分が進まず、本番への影響が大きいと判断したもようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ