西武の4投手が球団ワースト記録の1試合13与四球 辻監督「ふがいない試合」

 (パ・リーグ、西武2-13楽天、1回戦、楽天1勝、6日、メットライフ)西武は先発の松本、吉川、田村、井上の4投手が球団ワースト記録の13四球を与えるなど、13被安打、14四死球で大敗した。

 「14も本当に申し訳ないですよね。14もヒットなんてありえないからね。そこをもうちょっと考えないと駄目でしょうね」。試合後の辻監督は苦言を呈した。13四球がワーストと伝えられると「ふがいない試合を、お客さんが入った中でしてしまったのは残念」と語った。

 先発の松本は一回に4連続四球など4回を2安打、5四球で2失点。吉川は1回0/3を7安打、3四球で8失点。田村は2回を1安打、2四死球で1失点。井上は2回を3安打、4四球で2失点だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ