巨人・広岡V撃!!古巣から移籍後初安打初打点

 (セ・リーグ、巨人2-ヤクルト1、3回戦、1勝1敗1分、4日、東京D)

 高々と舞い上がった打球は、左中間のフェンスに直撃した。同点直後の七回2死三塁。巨人・広岡大志内野手(23)が代打で出場すると、梅野の直球を一閃。決勝の適時三塁打に「絶対に打ったろう、と思って打席に入った」と笑った。

 3月1日にヤクルトから田口との交換トレードで加入したばかり。古巣からの移籍後初安打、初打点に、三塁に到達すると3度手を叩いて喜びを爆発させた。

■4選手コロナ陽性の中、逆転勝ちに貢献

 中島、丸、ウィーラー、若林と4選手が新型コロナウイルスで陽性と判定され、大幅に選手を入れ替えて臨んだ試合。逆転勝ちに貢献した広岡は、初のお立ち台で「足が震えています」と初々しくあいさつした。

 「切り札的な広岡が良く打ってくれた。今のジャイアンツは2点打線。予定通りに勝った」と原監督。自虐を交えながらも、新戦力の活躍に目を細めた。(樋口航)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ