大阪市内の聖火リレー中止受け入れ 組織委幹部が意向

 新型コロナウイルス対策の「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が5日から大阪市内に適用される見通しとなり、大阪府の吉村洋文知事が同市内での東京五輪聖火リレーを「中止すべきだ」と述べたことについて、大会組織委員会の幹部は1日、取材に対し、吉村氏の意向を受け入れる考えを示した。具体的な調整はこれからと前置きした上で「知事さんの思いを無視して、こちらの考えを押し付けるわけにいかない」と述べた。

 大阪府では13、14日にリレーが行われ、大阪市内は14日に実施予定。吉村氏は市内で行われる聖火到着を祝う式典「セレブレーション」は無観客で開催するとしており、組織委幹部は公道でのリレーを行わない代わりにランナーをセレブレーション会場に招待するなどの代替策についても府側と調整する方針を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ