長野市の聖火リレー、到着イベントで初の無観客に

 4月1、2両日に長野県内で行われる東京五輪の聖火リレーで、県は30日、1日目の最後に長野市役所前で行う祝賀行事(セレブレーション)と、特に密集が予想される「善光寺仲見世通り」でのリレーを無観客で行うと発表した。東京五輪・パラリンピック組織委員会によると、25日に始まった聖火リレーで到着イベントが無観客となるのは初めて。

 長野市内で新型コロナウイルス感染が拡大し、前日に県独自の感染警戒レベルで同市を6段階で2番目に深刻なレベル5に引き上げたことに伴う措置。

 県内の聖火リレーでは、1日に上田市(感染警戒レベル4)の交流文化芸術センター(サントミューゼ芝生広場)で開催される、子供らが太鼓演奏などで盛り上げるミニセレブレーションも無観客開催が決定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ