17歳・鍵山が銀、羽生銅 宇野4位世界フィギュア

 フィギュアスケートの世界選手権最終日は27日、ストックホルムで行われ、男子でショートプログラム(SP)2位につけた初出場の17歳、鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がフリー2位となり、合計291・77点で2位に入った。SP首位の羽生結弦(ANA)はフリー4位の合計289・18点で3位だった。

 SP3位のネーサン・チェン(米国)がフリー1位の合計320・88点で3連覇。SP6位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー3位と巻き返し、合計277・44点で4位だった。

 日本は上位2人の順位合計が「13」以内で、来年の北京冬季五輪出場の最大3枠を獲得した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ