名馬ジャングルポケット死す…ネット悲しみ「記憶に残る世代」 “ジャンポケ”おたけ「ゆっくり休んでください」

 日本中央競馬会(JRA)が2日、2001年の日本ダービーとジャパンカップを制し、同年のJRA年度代表馬などを受賞したジャングルポケット(牡23歳)が同日に死んだと発表した。ツイッターでは「ジャングルポケット」「ジャンポケ」といったワードがトレンドに入り、多くの競馬ファンが名馬の死を悲しんだ。

 00年9月に札幌競馬場でデビューし、無傷で札幌3歳S(現・札幌2歳S)を制したジャングルポケット。ラジオたんぱ杯3歳Sからは角田騎手(現調教師)とコンビを組み、翌01年の共同通信杯を勝利。皐月賞ではライバルのアグネスタキオンらに敗れ3着だったが、続く日本ダービーを制した。菊花賞4着後、ペリエ騎手を背に挑んだジャパンカップではテイエムオペラオーの連覇を阻止。02年有馬記念7着で引退した。

 種牡馬としても活躍し、トールポピー(07年阪神JF、08年オークス)、オウケンブルースリ(08年菊花賞)、ジャガーメイル(10年天皇賞・春)、トーセンジョーダン(11年天皇賞・秋)などのGI馬を輩出。名馬だった父、トニービンの血を伝えた。

 ジャングルポケットといえば、同期にアグネスタキオンやクロフネ、マンハッタンカフェらの強豪馬がそろい、“最強”と言われた世代を引っ張った存在。また、今年1月にはライバルの1頭だったクロフネが天国へと旅立ったばかりだった。

 この一報に多くの競馬ファンがSNSで「タキオン、クロフネと共に記憶に残る世代でした」「天国でタキオンやクロフネたちと同窓会してくださいね」「あの世代は強い馬ばかりだったもんな。アグネスタキオンとのダービーでの対決を見たかったよ」などと悲しみに暮れた。勝った2つのGIがともに東京競馬場開催だったいうことから、「これぞトニービン産駒って感じだった」「ジャングルポケットは東京に強いトニービン産駒の代表みたいな馬だったね」「東京の鬼として一世を風靡したトニービンの血」「トニービンの血が失われていくの悲しすぎる」とつぶやくファンもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ