巨人・桑田コーチが“初登板” 丸に56球「球に力あって…さされました」

 巨人・桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐(52)が23日、セルラースタジアム那覇で行われた残留練習で“初登板”を果たした。

 「打者のタイミングに合わせて、きれいに投げるのは心掛けながら。一流の打者に投げられたのは、僕もうれしかった」

 午後の特打。石井野手総合コーチらのリクエストで実現した。キャッチボールすると駆け足でマウンドへ。丸を相手に56球を投げ「楽しいです。野球、大好きなので」と笑顔が絶えなかった。

 3本の柵越えを放った丸は「球に力があって、(勢いに)さされました」。通算173勝を挙げた名投手の投球に、打撃ケージの後ろから坂本らが熱視線を送った。

 桑田コーチは「まだまだ7割くらいの出来。支える側でもエースになれるように」と裏方としてもエース級の活躍をみせる。(箭内桃子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ