ヤクルト新主将の山田が2ラン「今日の結果がつながれば」

 ヤクルトの山田が23日、沖縄県浦添市で行われた巨人との練習試合に3番・二塁で先発し、2点本塁打など2打数2安打。「結果が出たのはいいこと」とはにかんだ。

 初回に左前打で感覚をつかむと、2死二塁で迎えた二回、巨人のドラフト1位新人、平内(亜大)の変化球を「甘い球だった」と左翼ポール際にきっちり運んだ。2四球だった21日の楽天戦に続き今季2試合目の練習試合で「試合感覚はない」。それでも選球眼は曇っていなかった。

 7年契約を結び主将に就任。心機一転の年を迎えた。声をからすのではなく、選手の意見や考えに耳を傾ける主将像を追い求めながら、前主将の青木から下半身の使い方について助言を受け、新打法にも取り組んでいる。

 「青木さんに教わったことに自分の感覚を入れないといけない。まだつかめていないけど、今日の結果がつながっていけば」。2年連続最下位と低迷しているチームの再建に向け、貪欲にバットを振り続ける。(五十嵐一)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ