阪神・井上、“デスノック”で負傷

 阪神春季キャンプ(23日、沖縄・宜野座)高卒2年目の阪神・井上広大外野手(19)が、練習試合後に組み込まれた“デスノック”で負傷した。

 球団広報によると、ノック中、打球に対して飛び込んだ際、左ひざを打ち付けて痛めたもよう。井上は練習開始から15分後、ノックの輪から外れると左足を気にしながらトレーナーと会話し、そのまま、付き添われ左足を引きずるように、メイン球場を去っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ