智弁学園-大阪桐蔭 2年ぶりのセンバツ、対戦カード決まる 来月19日に開幕

 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)の組み合わせ抽選会が23日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、自校にいる出場32校の主将をリモートでつなぐオンライン形式で行われた。第4日の第2試合は智弁学園(奈良)が大阪桐蔭を下した昨秋の近畿大会決勝と同カード。第3日第1試合の具志川商(沖縄)-八戸西(青森)は21世紀枠同士の対戦となった。

 2校が出場する宮城、兵庫、奈良の計6校は決勝まで同県同士が対戦しないようにした以外の残りの26校はフリー抽選となったため、第2日第3試合の東海大相模(神奈川)-東海大甲府(山梨)など同地区同士の対戦も決まった。

 開会式は簡素化するため、選手宣誓は大会第1日の3試合に出場する6校の主将がくじを引き、仙台育英の島貫丞主将に決まった。

 大会は準々決勝、準決勝翌日の休養日を含んだ13日間で行われる。昨年は出場校が決定した後、新型コロナの影響で中止となったため、今回が2年ぶりの開催。開幕前に出場校や大会関係者らのPCR検査を実施する。応援席のブラスバンドは禁止し、観客数を制限して開催する方向で準備が進められている。抽選会は3月12日に予定していたが、出場校の準備をスムーズにするために前倒しされた。従来は大阪市内に各校の主将が集まって実施していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ