巨人・桑田コーチ補佐が初の打撃投手 

 巨人の桑田投手チーフコーチ補佐が23日、那覇市でのキャンプで初めて打撃投手を務めた。浦添市でのヤクルトとの練習試合に同行しなかった選手の居残り特打で、丸に56球を投げ、52歳とは思えない速球でバットを差し込む場面もあった。

 マウンドではなく、傾斜付きの台の上からの投球だったが、次第に力が入った。ボールになったのは10球だけで、自慢の制球力は健在。打撃投手だけでは物足りず、特打後は捕手を座らせて熱のこもった投球練習を行い、選手がグラウンドからいなくなると、外野を黙々と走り込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ