日本ハム・吉田輝星、マー君が降りた直後のマウンドに感嘆

 日本ハム春季キャンプ(20日、楽天戦、沖縄・金武)3年目を迎えた日本ハム・吉田輝星投手(20)が対外試合に初先発し、3回を4安打1失点。試合前のブルペンでは軸足(右足)にタメをつくるためにあえて2段モーションで投球した工夫も功を奏し、「力みなく投げられた。アウトローの直球で見逃しが取れていたので、球が伸びている証拠かな」と納得の表情を浮かべた。

 憧れの楽天・田中将との先発対決に、「練習試合とはいえ、僕の中では特別な試合」と夢見心地。「踏み出しから爪先がしっかり本塁方向を向いていて、テレビで見るより投げ方がきれいでした」と感嘆し、田中将が降りた直後の一回のマウンドもつぶさに観察。「プレート側のマウンドがめちゃめちゃ削れていた。蹴れている証拠。自分も参考にしたい」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ