正代、勝機生かせず3敗目 「攻めきれず悔しい」

 大相撲初場所14日目は23日、両国国技館で行われ、大関正代は関脇照ノ富士にはたき込まれ3敗となった。

 正代は痛恨の3敗目を喫し、優勝争いから後退。「チャンスはあったのに攻めきれなかったのが悔しい」とうつむいた。

 もろ差しで照ノ富士を攻めきれなかった。いなして背後を取っても白星につなげられなかった。最後は、はたかれて前にばったりと落ちた。「スタミナ負けというか、足から崩れちゃった」と敗因を分析した。

 千秋楽で大栄翔が敗れると、優勝の目が出てくる。「(優勝決定戦を含めて)2番取るぐらいの気持ちで、集中を切らさないでいけたら」と前を向いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ