これぞ正代の相撲!? また逆転勝ちで2敗堅守 大相撲初場所

 大相撲初場所13日目は22日、トップの大関正代が関脇隆の勝を辛くもはたき込みで下した。

 もはや見慣れた勝ち方といえよう。正代が苦し紛れのはたき込みで2敗を守った。後半戦は冷や汗をかきながら、なんとか白星を伸ばす。「引いてしまったのが良くなかった」と反省もあるが、「何とか勝っている。体の反応が良いのかも」と淡々と語った。

 立ち合いは踏み込んで前に出た。隆の勝の脇が堅く、狙ったもろ差しはかなわない。すると悪癖の中途半端な引き技が出た。はたいて呼び込み一気に後退。土俵際で右に体を開き、右脚一本で残りながら、なんとか相手をはたき込んだ。

 今場所は“勝利の女神”が正代の背中についている。10日目の遠藤戦は突き落としで逆転勝ち。11日目は取り直しの末、隠岐の海の勇み足で白星が舞い込んできた。大関にふさわしくない内容といえば、そうかもしれない。ただ土俵際で幸運を引き寄せ、賜杯にまた一歩近づいた。

 正代の中にも、色気が芽生えたのだろう。「残り2日だし、終わりが見えてきた。好成績で(大栄翔と)並んでいる。落とせない気持ち、負けたくない気持ちが強くなってきている」。あまり闘争心を表に出すタイプではないが、珍しく言葉に覇気がこもる。

 すでに大栄翔戦は終わっている。14日目は照ノ富士戦が組まれ、千秋楽は朝乃山との大関対決が予想される。正代はその先にある優勝決定戦まで見据えている。「あと“3番”取ってもいいように、体のケアを徹底していけたら」。自身2度目の優勝に向け、ラストスパートに入った。(浜田慎太郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ