イチロー、ギータ超えた!オリックス・吉田正、6年目の年俸2億8000万円

 オリックス・吉田正尚外野手(27)が22日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉に臨み、8000万円増の年俸2億8000万円プラス出来高でサインした。プロ6年目での年俸としては、ソフトバンク・柳田悠岐外野手(32)や球団OBのイチロー氏(47)=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=を超え、野手最高額となった。

歴代の野手最高額

 球界の名だたるスター選手を抜き去った。まさにオリックスの顔。契約更改交渉に臨んだ吉田正が、8000万円増の年俸2億8000万円プラス出来高でサイン。プロ6年目での年俸は、歴代の野手最高額となった。

 「サインしました。今年はもろもろ含めて(3億円に)乗るか乗らないかぐらいじゃないですか。察してもらえれば」

 大幅昇給に笑みがこぼれた。プロ6年目としては、柳田(ソフトバンク)の2億7000万円やイチロー氏の2億6000万円を超え、過去最高。出来高も含めれば、総額で3億円前後になるとみられる。大金を手にし「家電だったり、娘も生まれましたし、ちょっといい遊びグッズとか、何か必要なものを買いたいです」とまな娘へのプレゼント代などにあてる意向を口にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ