東京五輪あと半年 コロナ禍の強化策…「巡回指導」で金メダルラッシュだ/競歩

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、あと半年に迫った東京五輪の祝祭ムードが高まらない中でも、日本勢は地道に鍛錬を続ける。日本陸連の今村文男五輪競歩強化コーチ(54)が22日までにサンケイスポーツの取材に応じ、東京五輪での金メダル量産へ、コロナ禍に応じた新様式の強化方針を明かした。

選手の拠点へコーチが出向く

 逆境に負けず、一歩ずつ前進する。コロナ禍の収束が見通せない中で「競歩大国ニッポン」が、半年後の東京五輪を見据え、新様式で強化を進める。今村強化コーチが前を向いた。

 「自分たちのスポーツだけではなく、周りの理解があってこそ。コロナ禍の社会状況の中で、いつも通り、今まで通りとはいかない。新しい体制、環境を頭に置きながら強化していきたい」

 酷暑の中でレースが行われた2019年の世界選手権(ドーハ)で、日本勢は男子50キロで鈴木雄介(33)=富士通、男子20キロで山西利和(24)=愛知製鋼=が優勝するなど2個の金メダルに3つの入賞。「競歩大国ニッポン」を印象付けた。

 今夏の祭典でも金メダル獲得が期待される競技だが、コロナ禍で例年とは異なる強化プランを求められる。今月7日に緊急事態宣言が発令されるなど、選手が集まって行う合宿の計画は難しい状況。そこで今村コーチが「2021年バージョン」と構想するのが「巡回指導」だ。東京五輪代表が出場する競技会や練習拠点に日本代表のコーチ陣が出向く。

 「個々でやるべきことは違う。個別性を考えるとそれぞれやりたい場所や体制でできていい。自由度を高めていけたら」。選手の考えを尊重しながら強化を進め、メダル量産につなげる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ