男女の全日本柔道を延期 緊急事態宣言で予選困難

 全日本柔道連盟(全柔連)は22日、4月の全日本女子選手権(18日、横浜武道館)と全日本選手権(29日、千葉ポートアリーナ)を10月以降に延期すると発表した。新型コロナウイルス禍で緊急事態宣言が発令されている地区で予選会の開催が難しいため。

 年内の実施を目指して会場選定を進めるという。体重無差別で日本一を決める両大会は昨年も4月から12月に延期され、東京・講道館が会場となった。

 4月3、4日の全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)は予定通り行う方向。東京五輪代表は男女各7階級全てで既に決まっている。

 4月11日の全日本カデ体重別選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は延期となった。3月19、20日の全国高校選手権(東京・日本武道館)は団体戦を取りやめ、個人戦のみで実施する方針だが、2月に可否を再検討する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ