西武の“おかわり”中村が減量経験を報告「でもリバウンドした。すぐ戻る」

 西武・中村剛也内野手(37)が22日、埼玉・所沢市の球団施設で練習を公開。この日はキャッチボールやノック、マシン打撃などで精力的に汗を流した。

 「予定通り進んでいます。バッティングに関しては練習にきたときには、そこそこの数を打つようにしていますし、守備もぼちぼちやっている感じです」

 マイペースで調整を進めている。練習後のオンライン取材では、同じ場所で新人自主合同トレに参加している体重117キロのD1位・渡部(桐蔭横浜大)が、減量に取り組んでいる話題になり、現在体重102キロの中村自身もかつて減量に挑戦したことを明かした。

 「(当時の2軍打撃コーチで、今季から3軍統括コーチの)田辺さんと一緒に体を絞ろうみたいな感じになって、その時、まあまあ体重減ったんですよね。その時が100キロちょいぐらいだったけど、1カ月ぐらいで92、93キロになったんじゃないかな。でもリバウンドした。まじで。すぐ戻る。すぐ戻る」

 苦笑まじりに体験談を披露。その後は特に体重の増減を意識することなくプレーし続け、今季でプロ野球選手生活は20年目を迎える。「動けているのであれば大丈夫だと思います」と大型ルーキーに自然体を勧めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ