タトゥー露出の井岡に厳重注意 JBC

 日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、昨年大みそかの世界戦を左腕のタトゥー(入れ墨)が露出した状態で闘った世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)=Ambition=を厳重注意処分にしたと発表した。監督責任を問われた所属ジムの木谷卓也会長も厳重注意処分となった。

 JBCはルールで「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」は試合に出場できないとしており、21日に倫理委員会を開いて対応を協議していた。

 井岡は試合前にファンデーションを塗ってタトゥーを隠す措置をJBCスタッフ立ち会いのもとで実施。時間の経過や汗で薄れたと推察されるため、軽微な処分となったとみられる。

 JBCの安河内剛事務局長は「今後は指定の塗布剤を使用させるか、指定業者による塗布施術を受けてもらうなどの手当てを考えていきたい」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ