【「する」スポーツ文化を関西から】スポーツと地域社会をつなぐ…大学生のアイデアから見えたWMG2021関西の開催意義

 昨年12月16日、ワールドマスターズゲームズ2021関西(以下「WMG2021関西」)は、スポーツコミッション関西と共同でインターカレッジ・コンペティション2020を開催しました。大会の成功により関西を国内外にPRしていくために、必要なアイデアを従来の思考にとらわれない大胆かつユニークな発想と、豊かな感性を持つ大学生から広く集める目的で開催しているものです。

 第7回の今回は「WMG2021関西のレガシーを最大限に創出し、大会終了以降の関西振興のアクションプラン」をテーマに、関西を中心とした8大学14チームが参加し、柔軟な発想による素晴らしい提案をたくさんいただきました。例えば「玉入れや騎馬戦などさまざまな年齢層が楽しめる日本の伝統的スポーツを採用して、過疎地域の子供たちと訪日外国人の交流を深めるスポーツツーリズム」(龍谷大)や「アプリとサイクリング機器を併用して、実際のWMG自転車ロードレースコースや県内の観光地などのバーチャルコースによる地域のPR」(流通科学大)など、スポーツを最大限に活用した地域振興をテーマにした提案も多く見受けられました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ