大栄翔、土俵際大逆転!2敗首位守った「ギリギリだった」/初場所

 大相撲初場所12日目(21日、両国国技館)西前頭筆頭の大栄翔(27)は3敗だった明生(25)を逆転の突き落としで破り、10勝目を挙げ2敗を守った。大関正代(29)も平幕竜電(30)を寄り切って2敗を堅守。首位の2人は変わらなかった。大関朝乃山(26)は関脇照ノ富士(29)に寄り切られ、4敗に後退。正代と大栄翔を追う3敗が消え、2差の4敗で朝乃山、照ノ富士、明生ら5人が追う。

 ここまで積み上げてきた、白星を無駄にはしない。土俵際。大栄翔が捨て身の突き落としを左右から連発。逆転で白星を呼び込んだ。12日目を終えて2桁10勝への到達は自己最速。優勝争いの最前線へ踏みとどまった。

 「もう、本当に残すしかないと…。ギリギリだった」

 相手を突き起こしたが、悪癖の引き技が出た。たてみつを取られて横へつかれ、左を差されて一気に土俵際へ後退した。限界まで体を反らせた大栄翔が、右から突き落とす。さらに、俵の上を左へ3歩伝いながら今度は左から突き落とした。まさに“綱渡り”で捨て身技を連発。物言いがついたが、相手の左肘が一瞬早く土俵へつき、九死に一生。軍配通り勝ち名乗りを受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ