“アイデアマン”阪神・井上ヘッド、投手&野手の“合体”提案

 阪神・井上一樹ヘッドコーチ(49)が21日、甲子園で代表取材に応じ、コーチ会議でユニークな練習メニューを提案したことを明かした。

 「『阪神、こんなおもろい練習してまっせ』って、よく取り上げられることを考えてあげるのも目標。それで選手のテンションも変わる」

 昨年も球場のBGMをメニュー開始の合図に変えたアイデアマン。今回は投手と野手の合同練習なども示唆した。「近本と陽川がノックをしているところに投手が1人2人、入ってとか。(野手の練習に投手が)『いま動きが悪いので、ノックいいですか』と来ても、ウエルカムだよ」と投手コーチにも伝えた。

 「お客さんが来られない。厳しさと楽しさじゃないけど、そういったメリハリをつけたメニューを。『そういったの(珍メニュー)もありだよ』って話を促した」。意欲の向上と鍛錬、ファンサービスの連動を狙う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ