阪神・西純、今年こそローテ奪う!初1軍C&2・4紅白戦登板「強気ピッチ見てもらえたら」

 高卒2年目の阪神・西純矢投手(19)が21日、初めて1軍キャンプメンバーに選出され、さらに2月4日に予定されている紅白戦に登板することが分かった。鳴尾浜での自主トレ後に代表取材に応じ、猛アピールを誓った。同じく2・4での実戦デビューが決まったドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=も新人合同自主トレ後にオンライン取材に応じ、意気込みを語った。

 宜野座行きのチケットに加え、もう一つサプライズが用意されていた。1軍キャンプ最年少19歳右腕の今年初実戦が、2月4日の紅白戦であることが判明。報道陣から伝え聞いた西純は驚きつつも、闘志を燃やした。

 「今、知りました。そういう出番があれば、キャンプの最初からしっかり投げられる準備はしてきたので、そこで自分のピッチングができたらいいなと思います」

 最高気温12度と暖かな鳴尾浜で多くの虎戦士たちがキャンプに向け汗を流すなか、ブルペンに入り、捕手を座らせて43球を投じた。変化球を交えながら感覚を確かめ「(状態は)いいほうだと思う」と手応え。沖縄出発に向け、最終調整の段階に突入している。

 若虎が汗を流していた頃、時を同じくして球団事務所では合同スタッフ会議が行われていた。終了後に代表取材に応じた金村投手コーチは、西純の登板日は2月4日あたりになるか? との問いに「そうですね。彼は1年(プロで)やってきているので」と明言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ