“五輪パニック”の先触れ!? 混乱深まるテニス全豪OP…2週間隔離で選手の不満爆発 欧米メディア「東京五輪に問題を突き付けている」

 2月8日に迫ったテニスの四大大会、全豪オープン(メルボルン)。チャーター機で会場入りした関係者が新型コロナウイルスの検査で陽性となったため、同乗していた72選手が濃厚接触者と認定されて14日間の隔離生活を強いられている。その中には錦織圭(31)やダニエル太郎(27)も含まれている。選手たちはストレスを募らせ、不満が噴出して大混乱。欧米メディアは「これより遥かに大きな規模で行われる東京五輪で起きうる問題を突き付けている」とあたかもパニックの先触れであるかのように報じている。

 今年の全豪は例年よりも3週間遅い開幕。選手や関係者は、チャーター機15便でそれぞれオーストラリア入りしたが、その内3便で計5人の関係者が陽性と判定された。大会主催者は厳しい感染拡大防止ルールを設けており、1人でも陽性反応が出た場合は、同乗者全員を14日間のホテルに隔離するとされていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ