西武の20年目、37歳の栗山は6勤1休のハード自主トレ「キャンプが楽になる」

 西武・栗山巧外野手(37)は21日、所沢市の球団施設での自主トレを公開し、練習後にオンラインで取材に応じた。

 今季で20年目となるベテランで、通算2000安打まで残り74本で迎えるシーズン。この日は約50分間にわたりピッチングマシンの打ち込み。強くて、速い打球を求めている。そのための意識として「低い打球を打つことなんですけど、しっかり芯でとらえること。芯でとらえたら打球は速いので、芯で打つことと、あとはしっかり低い打球を打つ。芯でとらえて低い打球を打てば打球速度は上がるので」と説明した。

 例年、この時期は体の調子を見ながら不定期に休みをとりながら自主トレに励んでいたが、今年は6勤1休で取り組んでいる。大きな根拠はないが、「チャレンジしてみるのはいいかなと。キャンプでも4勤とか5勤じゃないですか。6勤1休やっといたらキャンプが楽になるんちゃうかなと思ってやっています」と明かした。

 「3月26日(の開幕)にしっかり向けてやっていく。そこに集中してやっていきたいと思います」。万全のコンディションで開幕を迎えるために、まずは2月1日からのキャンプへ向けて状態を上げていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ