巨人・梶谷「1番は打ちたい」2番・坂本と日本一奪回オーダー

 不動の切り込み隊長になる!! DeNAからフリーエージェント(FA)で加入した巨人・梶谷隆幸外野手(32)が20日、自主トレーニング先の神奈川県内でオンライン取材に応じ、1番打者定着を誓った。原辰徳監督(62)も期待するリードオフマンの役目を「勝ち取りたい」と気合十分。同学年の坂本勇人内野手(32)との最強1、2番コンビ結成の夢も膨らむ。

 迷いなく答えた。期待された役割をつかみ取ることが最初の使命-。梶谷は、新天地でもリードオフマンの座を奪い取る覚悟を明かした。

 「もちろん1番は打ちたい。そこを勝ち取りたいのが一番(の目標)。(打率)3割を続けたい。3割+1割の出塁率は目指したい」

 昨季、DeNAの1番としてリーグ2位の打率・323(出塁率・387)をマーク。昨年12月の入団会見では原監督が早々に「理想では1番・梶谷、2番・坂本、3番・丸、4番・岡本」と今季のプランを披露した。俊足巧打の新戦力は、チームが長年固定できていないトップバッターに持ってこいの人材だ。

 2014年は盗塁王、昨季も14盗塁のスピードに加え、19本塁打のパワーも兼ね備える。2番起用が見込まれる坂本と組めば、相手にとって脅威の1、2番コンビとなる。同じ「88年世代」で高卒プロ入りと共通点の多い巨人の主将への思いも明かした。

 「勇人はずっと同じ時期を同じプロ野球で過ごしてきた。同じ空間で野球をやりたかったの(気持ち)も強かった。打撃に関してもいろいろ聞きたい。僕がレギュラーを勝ち取って、彼と打線を引っ張っていければ」

 坂本に続く打線は岡本、丸に加え、今オフにメジャー通算196本塁打のジャスティン・スモーク内野手(34)=前ジャイアンツ、同96本のエリック・テームズ外野手(34)=前ナショナルズ=の大砲助っ人が加入。リーグ屈指の強力上位打線につなぐ1番の役目は重要だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ