ラグビーTLの感染者68人 2月開幕目指す

 日本ラグビー協会は20日、開幕が延期されたトップリーグ(TL)のチームで新型コロナウイルスの陽性が判明した人数が6チームで計68人に増えたことを明らかにした。14日時点では6チームで計62人だった。岩渕健輔専務理事は20日の理事会後にオンライン取材に応じ「不明だった検査結果が判明したため」としている。

 新たな開幕時期に関し、岩渕専務理事は2月のスタートを目指す方針を改めて強調。「感染対策を含め、万全の状況で(シーズンに)入る必要がある。余裕を持って準備できる前提で発表したい」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ