“見えない部分”見せちゃいます!阪神キャンプ無観客で矢野監督「新しい伝え方を」

 それでも、虎将はまず「受け入れる方々も、本当に大変な思いで受け入れてもらえると思う。そういった方々に感謝をして、去年も気づけたことですけど、野球をやれるっていうのは本当に当たり前じゃないので」と深く感謝した。そして、“おうち時間”にもテレビ、スマートフォンでキャンプを見つめ続けてくれる人たちを思って、泉から水が湧くように構想をあふれさせた。

 「もしかしたらすごく近い映像でね、普段映っていないようなところがお届けできればという可能性も、今言われてふとそういうものが思い浮かんだり」

 例年のCS放送などの中継カメラでは入り込めなかったような“内部”の公開も示唆。さらに「誰々グラブ、例えば『近本やったらこのグラブのどういうところにこだわっている』とか、そういう話も面白いのかなと。道具、バットとかそういうところにも興味ある方も多いと思うし」と、プロのこだわりに迫る企画でツウなファンもうならせるアイデアも披露した。

 「部屋で何しているんですか? っていうね。そういうのは見えない部分なんで。逆に言うと見えない部分が見えるようになる可能性は…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ