“見えない部分”見せちゃいます!阪神キャンプ無観客で矢野監督「新しい伝え方を」

 おうちでキャンプ、見せます! 阪神・矢野燿大監督(52)が20日、12球団監督会議後にオンライン取材に応じた。球団は同日、2月1日から実施する春季キャンプを当面の間は無観客とすると発表したが、指揮官は「逆に、新しい楽しみ方とか伝え方というのも出てくる可能性は十分ある」とピンチをチャンスに変えるつもり。選手のこだわり、素顔が伝わる“密着カメラ”などの企画を次々と打ち出す。

 ◆密着カメラで「すごく近い映像」

 その目はもう、できること、楽しそうなことだけを見つめていた。無観客の、誰も経験したことがない2月。“おうちキャンプ”になる人々へ、見せまくって魅せる-。矢野監督の頭脳は早くもフル回転していた。

 「逆に、こういうときだからこその発見というか、新しい楽しみ方とか伝え方というのも出てくる可能性は十分あると思う。球団も頑張ってやってくれると思いますし、僕たちも何かあれば、そういうものは発信、アイデアを出していきたい」

 苦しい、寂しいどころではない球春の訪れだ。照りつける陽の下、泥と汗にまみれて白球を追おうにも、当面の間は背中を押してくれる声援がない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ