ハンドボール快挙!バズる主将レミたん決めた24年ぶり1次L突破 1点差で激戦制す

 ハンドボール男子・世界選手権第7日(19日、エジプト・アレクサンドリアなど)1次リーグ最終戦が行われ、C組の日本はアンゴラに30-29で競り勝ち、初白星。通算1勝1分け1敗の同組3位で2次リーグ進出を決めた。1次リーグ突破は1997年の熊本大会以来、24年ぶり2度目。後半に入り一度は逆転を許したが、土井レミイ杏利(あんり)主将(31)=大崎電気=の得点などで再び試合をひっくり返して逃げ切った。開催国枠で出場する半年後の東京五輪へ、成長を示した。

 30-29から相手のシュートが外れ、勝利が決まると、日本代表はコート内で歓喜の輪を作った。世界選手権で24年ぶりに1次リーグ突破。この日4得点を挙げた土井主将が誇った。

 「勝つという、その一点だけに集中した。最低限の目標は果たせた」

 勝つか引き分けで2次リーグ進出が懸かる大一番。日本は速いパス回しで2020年アフリカ選手権4位のアンゴラを崩し、16-12で前半を折り返した。後半に入り一時6点差までリードを広げたが、24分過ぎに27-28と逆転を許す。一進一退の攻防が続く中、「勝ちたい気持ちが強いチームが勝つ」と土井が奮起。26分過ぎに得点して29-28。60分間の激闘を制したシグルドソン監督は「われわれにとって歴史的な瞬間だ」と感情を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ