ハンド日本がアンゴラに競り勝ち24年ぶりの1次リーグ突破、土井主将「最低限の目標は果たせた」

 ハンドボール男子・世界選手権(19日、エジプト・アレクサンドリアなど)1次リーグ最終戦が行われ、C組の日本はアンゴラに30-29で競り勝ち、初白星。通算1勝1分け1敗の同組3位で2次リーグ進出を決めた。1次リーグ突破は1997年の熊本大会以来、24年ぶり2度目の快挙。

 エジプトで、日本が躍動した。最下位に沈んだ2年前の前回大会から進化を遂げ、土井レミイ杏利主将(31)=大崎電気=は胸を張った。

 「勝つという、その一点だけに集中し、最低限の目標は果たせた」

 渡部仁(31)=トヨタ車体=の4得点などで前半を16-12で折り返す。終盤に逆転を許すも、後半26分過ぎに土井のゴールが決まるなど逆転。執念が実り、前回大会3点差で敗れたアンゴラにリベンジした。

 「次の目標は12位以上。五輪は12チームで闘うので、それより上の順位を目指す」と2次リーグへ意気込んだ土井。開催国枠で出場権を獲得する東京五輪を見据えながら、強豪に挑戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ