正代、かど番脱出「解放された感じ」 土俵際で遠藤を突き落とし/初場所

 大相撲初場所10日目(19日、両国国技館)大関正代(29)は平幕遠藤(30)を逆転の突き落としで破って8勝目。勝ち越して自身初のかど番を脱出した。平幕大栄翔(27)は北勝富士(28)を突き出して9勝目。10日目を終えて平幕の単独トップは平成13年秋場所の琴光喜以来。かど番の大関朝乃山(26)は7勝目を挙げた。大栄翔を1差で正代が追い、3敗で朝乃山、ともに平幕の明生(25)、逸ノ城(27)が続く。

 初めて体験するかど番の壁を、中盤で突き抜けた。正代が8勝目を挙げて勝ち越し、2敗を守って優勝戦線に踏みとどまった。

 「勝った8番の中で一番余裕がなかったけど、最後まであきらめなかった。ここで一息つける」

 遠藤が得意の左四つとなり、不十分の体勢に。強引な左からのすくい投げが、相手を懐へ呼び込むかたちとなった土俵際。体を傾け、右から起死回生の突き落とし。物言いがついたが、軍配通り“大関初給金”となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ