12球団無観客キャンプ19日にも決定 宮崎4球団、ロッテに続き中日も

 2月1日から阪神、ヤクルトなど8球団(巨人1軍は同16日~)が春季キャンプを行う沖縄県でも無観客で実施することが18日、有力となった。沖縄では同日に67人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表し、県独自の緊急事態宣言を検討している。この日は中日が沖縄・北谷町での1軍キャンプを無観客で行う方針が判明。緊急事態宣言が解除されるまでの無観客が15日に決まった宮崎県に続き、19日にも全12球団の無観客キャンプが決まる。

 2月1日の球春到来を前に、新型コロナウイルスの波が沖縄県にも広がっている。同県では前日17日に経済団体や県医師会と意見交換。この日は午後に開いた対策本部会議で、春季キャンプの観客の有無についても話し合われた。19日も会議を継続的に開催し、県独自の緊急事態宣言発令も含めて検討する。

 沖縄県はこの日、新たに67人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は6467人。1日当たりの新規感染者数が2桁以上になるのは115日連続となった。阪神、ヤクルトなどが1軍キャンプを実施する県内の各自治体でも動きが活発化しており、19日にも沖縄の無観客キャンプが決まる見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ