井上拓真 高校時代の同級生と結婚、第1子誕生を報告/BOX

 プロボクシング元WBC世界バンタム級暫定王者で、現東洋太平洋同級王者の井上拓真(25)=大橋=が16日、所属ジムと所属事務所のホリプロを通じて昨年春に一般女性と結婚し、秋に第1子となる長女が誕生したと発表した。

 井上は「アマチュア時代からずっと支えてくれていた高校時代の同級生と入籍しました。そして、待望の長女が生まれました」などと報告。8年の交際期間を経てゴールインした。

 今月14日の東洋太平洋同級タイトルマッチ(東京・後楽園ホール)で王者だった栗原慶太(28)=一力=に9回負傷判定勝ち。「今回の試合は家庭を持って臨む初めての一戦でした。妻と娘の存在は、これまでとは比べ物にならないくらいの原動力を僕に与えてくれました」と明かした。

 「これからも一人の男として夫として父として、より一層ボクシングと向き合い、目標に向かって邁進(まいしん)してまいります」。兄はWBA、IBF世界同級統一王者の井上尚弥(27)=大橋。再び兄弟同時世界王者を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ