阪神に新加入するチェンが「2・1」合流へ向け早くも来日

 阪神は14日、新加入するチェン・ウェイン投手(35)=前ロッテ=が入国したと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響により待機期間が必要となることなどを考慮し、キャンプインの2週間以上前という異例のタイミングでの来日となった。

 球団によると出発前・到着後に検査を受検し、新型コロナウイルス感染症が「陰性」であることも確認されたという。来日翌日から14日間は自宅待機となるというが、チェンは球団を通じ「改めて、歴史のある阪神タイガースに入団することができ光栄に思います。シーズンに向けてしっかりと準備していきます」などと意気込みを語った。

 チェンは台湾出身で、2004年に大卒で中日に入団すると、先発として10、11年のリーグ連覇に貢献。12年からは米大リーグに挑戦し、オリオールズ、マーリンズなどで59勝を挙げるなど、これまで日米通算95勝を積み上げてきた。

 昨年9月にロッテで日本球界に復帰し、今季からは満を持して阪神に飛び込む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ