巨人、ポスト原レース激変! “開明派”桑田氏の電撃入閣、“昭和の野球”阿部2軍監督は後退

 これが“全権監督”の凄腕人事だ。巨人・原辰徳監督(62)は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)とともにリモート会見に出席し、同氏の投手チーフコーチ補佐就任を発表した。昨年12月2日に今季コーチ陣の発表を済ませながら、年明けにコーチを追加するのは異例だが、意中の相手が一時は原監督と関係がこじれ、15年間も現場を離れていた桑田氏というのがさらに衝撃だ。超大物OBの電撃入閣の裏側には、就任2年目の阿部慎之助2軍監督(41)への政権移譲が、時期尚早という冷徹な判断があるとみられる。(笹森倫)

 コロナ禍のご時世で対面会見は開けず、ビデオ会議ツールに表示された映像越しではあったが、それでもやはり威力抜群の2ショットだった。「新年早々、こいつは春から縁起がいい。ジャイアンツにとって非常にいいニュースを発信できることになりました」。そう笑顔で切り出した原監督は、隣に座る桑田氏を招聘するまでの経緯を、次のように説明した。

 チーム編成のトップを兼ねる全権監督として、まず投手陣を預かる宮本投手チーフコーチに桑田氏を入閣させたい意向を伝え同意を得た。続いて昨年12月28日に山口寿一オーナー(63)=読売新聞グループ本社代表取締役社長=と会談した際、「ジャイアンツOBで非常に気になる後輩がいる。ぜひジャイアンツのために戦力になってもらいたい人がいる」と持ち掛けて意見が一致。年明けに本人に思いを伝え、快諾を得たという。

 桑田氏も「大変やりがいのあるお話をいただきました。OBの1人として少しでも力になりたいと思い、お引き受けしました」と微笑み、原監督からのオファーを「うれしかった。その一言に尽きます」と振り返った。

 両者の一時期の関係性を思えば、隔世の感がある。桑田氏は2軍暮らしが続いた2006年、球団公式ホームページ上の自身のコラムで唐突に退団を示唆。第2次政権1年目の原監督は、事前に全く相談がなかったことから不快感をあらわにしたが、本人は1軍で出場機会に恵まれない不満を述べつつ、他球団でのプレーに意欲を示すなど亀裂は決定的となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ