巨人・菅野、史上最高8億円で更改「見合った活躍を」

 巨人の菅野智之投手(31)が14日、東京都内で契約交渉に臨み、1億5千万円増の年俸8億円で更改した。ペタジーニ(巨人・2003、04年)の7億2千万円を超えるプロ野球史上最高年俸での契約に、オンラインで取材に応じた菅野は「それだけプレッシャーはあるし、見合った活躍をしないといけない」と力を込めた。

 菅野は今オフ、ポスティングシステムを利用した米大リーグへの移籍を目指したが、交渉は不調に終わった。交渉で球団側から「もう1度力を貸してほしい」と言われたという菅野は「チャンスをもらえたと前向きに捉えたい。日本一しか考えていない」と2012年以来の日本シリーズ制覇へ意気込んだ。

 渡米などもあり、まだ自主トレーニングを始めることができておらず、「早く体を動かしたい焦りはあるけど、強化しないといけない部分は分かっている。トレーナーと相談してやる」。2月6日から那覇市で開始予定の春季キャンプに向け、投球フォームの調整などに取り組むという。

 菅野は神奈川・東海大相模高から東海大を経て2013年にドラフト1位で巨人入り。昨季はプロ野球新記録の開幕投手からの13連勝など14勝2敗、防御率1・97でチームのリーグ2連覇に貢献し、2度目のリーグ最優秀選手に輝いた。通算成績は196試合に登板し、101勝49敗、防御率2・32。(金額は推定)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ